キャッシングやクレジットカードの限度額はどのように決まるのか

キャッシングやクレジットカードを利用するときに気になるのが、いくらまで利用できるのかという限度額についてです。この額が少なく設定されている場合、本当にお金が必要なときや欲しい物があるときに利用できないことがあるからです。
一般的にキャッシングやクレジットカードでは、その業者との付き合いが短いうちは限度額が低めに設定されています。何度か取引を重ね、きちんと返済できる人物であると認められた場合、利用者の希望によって利用可能な額を上げてもらうことができるようになるのです。利用可能な額を上げてもらうためには業者側に信用をしてもらうしかなく、信用を築くために大切なのが約束の期日までにきちんと返済をすることなのです。
また、利用可能な額については法律による規制もあります。この規制のことを総量規制といいますが、年収の3分の1までという金額が利用者が法律によって認められている利用可能な額の上限となっています。