月別アーカイブ: 2014年7月

消費者金融のキャッシングと総量規制について

急に現金が必要となったとき、例えば給料日前に少し融資して欲しいときに便利なのがキャッシングです。消費者金融であれば、即日融資が基本なので、申し込みをしたその日に現金を手にすることが可能です。とても便利なのですが、2007年に改正貸金業法という決まりができて、少し利用条件が難しくなりました。改正貸金業法の中に総量規制というルールがあります。これは消費者金融が個人にお金を融資するさい、利用する人の年収の3分の1以上の貸し付けをしてはいけないというものです。ちなみにこれは1社からの利用が年収の3分の1までではなく、もし2~3社利用していれば、その合計を年収の3分の1までにする必要があります。例えば年収300万円の人は、最高で100万円までキャッシングすることができます。しかしその人がA社から50万円キャッシングしていたら、B社では50万円までしか融資できないことになるのです。ちなみに総量規制は、銀行のカードローンには適応されません。