月別アーカイブ: 2014年12月

返済方式について

リボ払いは、カードローンで多く採用されて、しかも残高スライド方式が多く取られています。 これを普通の住宅ローンと比較してみるとその違いがよく判ります。 住宅ローンは、支払い期間が元々長く設定されています。 もし住宅ローンをリボ払いの残高スライド方式にすると仮定すれば、返済する期間が非常に長くなり過ぎてしまいます。 通常の住宅ローンは、毎月の返済額での元金の返済比率は当初の間は少なく、 返済が進むにつれて、元金の返済部分が増えてきます。返済の途中から元金の返済が加速していく支払方式です。 一方カードローンは元々想定されている返済期間が短いので、これでは元金の返済が早く終わりすぎてしまうので、 残高スライド方式を採用しているとも言えます。 残高スライド方式では、返済が進むにつれて毎月の返済額は当初の返済額よりも階段状に減少していきます。 利用者の負担を減らす目的もありますが、貸し出す金融機関や貸金業者が利益を得る期間を長くすると云う面も存在します。 残高比例のリボ払いは、返済もしやすく、毎月の返済額も段々と減少して払いやすい利点もありますが、 元金部分の返済が遅くなり、支払う全体の利息も多くなると云う欠点もあります。